オルニチンこんな人におすすめ:オルニチンと肝臓の関係。1日の摂取量は?

オルニチンこんな人におすすめ:オルニチンと肝臓の関係。1日の摂取量は?

近年、テレビ番組や雑誌などでオルニチンがよく取り上げられています。
名前くらいは聞いたことがあるという方が多いと思われます。

オルニチンこんな人におすすめ

  1. お酒を飲むことが多い
  2. すっきり目覚めたい
  3. 疲れが抜けない
  4. 健康でいたい
  5. 若々しくいたい

お酒を飲むことが多い方

オルニチンはどういう人に適しているのかというと、まずお酒を飲むことが多い方が挙げられます。
オルニチンはしじみに多く含まれているので、アルコールの分解を促進する効果があります。
2日酔いになりやすい方は積極的に摂取するべきです。

すっきり目覚めたい、疲れが抜けないという方

また、すっきり目覚めたい、疲れが抜けないという方にもおすすめです。
オルニチンは疲労回復効果があるので、朝にすっきり目覚めることができますし、疲れも取れやすくなります。

健康でいたい、若々しくいたい方

他には健康でいたい、若々しくいたい方にも良いと言えます。
健康や美容に多くの効果があるので、摂取する価値は間違いなくあります。

オルニチンを効果的に摂る方法

オルニチンはしじみに多く含まれているのですが、サプリで摂取するのがベストになります。
1日に500mg~1000mg摂取するのが理想なので、食事だけでは無理です。
したがって、オルニチンはサプリで効率よく摂取するのがおすすめです。

オルニチンの副作用について
副作用を心配している方がいますが、過剰に摂取しなければ大丈夫です。
万が一過剰に摂取してしまっても、軽い症状で済むのでそこまで心配する必要はありません。

オルニチンと肝臓

オルニチンと肝臓

オルニチンは、タンパク質と結合せずに、血液中に溶け込んだ状態で体内を巡る遊離アミノ酸の一種です。
オルニチンは肝臓に来ると、肝臓に溜まった毒を排出する作用を発揮します。
これはオルニチンサイクルと呼ばれ、人体に有害なアンモニアを、無害な尿素にする働きがあります。

肝機能が低下すると体内にアンモニアが蓄積する

アンモニアは人間が活動するエネルギーのもととなるATPやミトコンドリアの働きを妨げます。
肝機能が低下するとオルニチン回路がうまく機能しなくなり、体内にアンモニアが蓄積します。
結果として疲れやすくなったり、活動性が低下したりします。
ひどいときには肝性脳症という病気を引き起こすこともあるので、軽視することはできません。

アンモニアはアルコールの分解過程で発生

アンモニアは体内で生成されもしますが、食品類、とくにアルコールの分解過程での発生が顕著です。
そのため、とくに飲酒者は肝臓に負担をかけがちです。

過労や生活習慣の乱れ

また過労や生活習慣の乱れも、肝臓に影響を与えていると言われています。
沈黙の臓器と呼ばれる肝臓が悲鳴を上げる前に、オルニチンを摂取して肝臓の働きを補助してあげることが必要なのです。
オルニチンで肝機能を正常化することで、ATPやミトコンドリアの働きが活発になり、細胞の分裂もパワーアップ。
スピーディな疲労回復、集中力の増加、二日酔いの解消などが期待できるでしょう。
>>オルニチンを手軽に摂取するには<<

オルニチンの摂取量

オルニチンの摂取量:こんな人におすすめ

肝臓の健康維持に重要な役割を果たすと言われるオルニチンですが、その最適な摂取量について説明いたします。

オルニチンはどのような目的で飲むかによってその摂取量が異なる事が知られています。

健康維持のために採る場合

まず健康維持のために採る場合は1000~1500mg程度が摂取量目安。
ただしオルニチンは体質的に合わない方もいるようで、飲み始めは念のため1日あたり500~1000mgからはじめた方が無難でしょう。

ダイエット中

またオルニチンの使用用途としてダイエット効果を期待したものもあります。
このような場合ダイエット中摂取量は2000~3000mg程度が望ましいと言われています。
サプリメントとして飲まれる現在のところ過剰摂取した場合の副作用等はとくにないと言われていますが、ダイエット効果を期待した場合でも2000~3000 mgを目安としておいた方がよいでしょう。

訂正量のオルニチンを
肝臓は日常生活の中でも特に負担のかかりやすい臓器と言われています。
お酒の飲みすぎや仕事のストレスなど気づかないうちに負担がどんどんかかってしまっているかもしれません。
ダイエット中も肝臓には負担がかかっていることがよくあるので訂正量のオルニチンを摂って肝臓の健康維持に役立ててください。

▲ページトップに戻る